あまごとヤマメの違い

アマゴには脇腹に赤い斑点があり、ヤマメにはそれがないのが特徴です。 どちらもサケ科で、ヤマメは北のサクラマスの陸封型(※注1)、アマゴは南のサツキマスの陸封型です。 … アマゴヤマメのなかには今でも時折海へ下ろうとする個体がおり、体色が銀色になります。

アマゴが生息している川に養殖したヤマメを大量に放流する。それなのに数年後には完全にヤマメは消えます。全滅と言っていい。何故なのか。

答えはヤマメがアマゴになるからです。ヤマメとアマゴが交配するとアマゴだけが産まれる。それが理由です。遺伝子的にアマゴの方が強いと言う事です。

あまご

「アマゴ」は、漢字で書くと、「雨子」、「雨魚」、「甘子」、「天魚」、「鯇」となり、由来は、漢字の通り、雨がちな梅雨や初夏によく釣れるためである。また、「甘い(美味しいの意)魚」という意味の呼び名が転じて呼ばれたとも言われる。日本特産のため、漢字はあとから当てられたようで、地域により使い分けられていたようである。

地方名….. アメゴ、アメノウオ(長野・近畿・四国)、コサメ(紀伊半島南部)、ヒラベ(山陰)、エノハ(九州)

サツキマス

(皐月鱒は、サケ目サケ科に属する[1]

降海型や降湖型はサツキマス、河川残留型(陸封型)はアマゴと呼ばれる[2]

やまめ

サケ目サケ科に属するであるサクラマスのうち、降海せずに、一生を河川で過ごす河川残留型(陸封型)の個体のこと[1]北海道から九州までの川の上流などの冷水域に生息する。

サクラマス

種としてはヤマメと同一で、降海する個体をサクラマスと呼ぶ。
産卵期は秋で、ふ化してから少なくとも1年は淡水でヤマメと同じ生活を送る。
やがてパーマークが消えて体が銀白色になり(スモルト化)、4~6月ごろに海へと下る。オホーツク海で夏を過ごし、秋には再び沿岸部に戻ってくる。
そして翌春、サクラの咲くころにソ上を開始する。

  • コメント: 2

コメント

    • 飯田清次
    • 2020年 5月 02日

    アマゴの開きをお隣から頂きました。私はてっきりヤマメと思いました。こちらで拝見しアマゴとわかりました。ご丁寧なご説明ありがとうございました。飯田清次

    • segi
    • 2020年 5月 02日

    HPご愛好ありがとうございます(^.^)/~~~お役に立って良かったです、今後も宜しくお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。