2017年


さつきます 
長良川のサツキマスを釣られた方はメ-ルでご連絡ください。HPにアップいたします。
                          fishing@medaka.info 「日時・場所・エサ・長さ(メジャ-付き)重さ・釣り人名・住所」を明記してください

サツキマス
               ←お暇な方はクリック

         
  長良川をたどる
美濃から・・・・・
 サツキマスの川 gijie2011春号 サツキマスの
いた川 
 サツキマスが
帰る日

 月日  釣り人名 場所・サイズ   画像  コメント
4月26日

(水)

小雨
 インテリア沖さん


愛知県
(一宮市在住)
 38cm

ルア-
ツインクルスプ-ン 

揖斐川
  餌釣り20年
サツキマスをルア-で狙い5年
初めての尺オ-バ-
初めてのサツキマス
うれしくて嬉しくてたまらん。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2000年はこちら  2005年はこちら  2010年はこちら  2015年はこちら
 2001年はこちら  2006年はこちら  2011年はこちら  2016年はこちら
 2002年はこちら  2007年はこちら  2012年はこちら  
 2003年はこちら   2008年はこちら  2013年はこちら  
 2004年はこちら  2009年はこちら  2014年はこちら  



人工河川を使用した銀化アマゴの試験放流の実地
①目的
  長良川漁業協同組合では、海に降下する前の銀毛化したアマゴを、
  長良川河口堰の右岸溢流堤にある人工河川へ搬入して約1週間程度慣らした後
  せせらぎ魚道を経由して河口堰下流へ放流する試みを平成18年度に引き続き実施しました。
  この試みは、人工河川の銀毛アマゴに長良川の水を覚えさせ、降下した銀毛アマゴが海で成長してサツキマスとなり、
  そのサツキマスが翌々年以降、海から長良川へ遡上してくることにより、
  長良川におけるサツキマスの回帰率を高めることを狙いとしたものです。
  約1週間後、人工河川から放流された銀毛アマゴは、その大部分が海へ向かって元気に降下して行きました。

②.内容
   (1) 搬入日:平成19年11月26日・27日(2日間)
   (2) 搬入数:約15,000尾
   (3) 体 長:約15~20cm
   (4) 放流日:平成19年11月30日、12月1日


*昨年はこの試みで沢山のサツキマスガ遡上し、多くのアングラ-達が楽しい釣りに歓喜しました。
 同じ放流がなされたと言うことで今年のサツキマスも大いに期待できると思います。

アラスカやカナダに向け、リックを背負い、フィシングゲ-ムにマスを釣るのもいいだろう。
しかし、中部東海には神代より流れ続けるすばらしい川がある。
 その昔、海には大きなマスがゆうゆうと泳ぎまわり、そして産卵のために川を遡上した
やがて氷河が訪れ、遡上した彼らを川へ閉じ込めた。
彼らの子供達は”アマゴ”・”ヤマメ”と名を改め、魚体も棲家に応じ、美しく華麗になった。
 渓流に棲むアマゴ達は、産卵を始めとする一生を渓流でおくる。
こうして、何代にもわたったアマゴの生活で、また再び川を下るものが現れた。
アマゴは、川を下り海に降り、彼らの先祖がそうであったかのように
海で小魚を喰らい泳ぎ回り、生まれた時に付けていたパ-マ-クも薄くなると、
体は銀鱗に包まれ、それぞれのヒレは力強く海水をはねた。
やがて年が過ぎ、春がくると、海で大きく育ち、アマゴからマスへと名も改め
自分の生まれた川へ向けて産卵のために遡上を開始した。
 遡上を拒むものも、ものともせず古くより多くのマスが長良川を遡上した。
誰がそう呼び始めたのか、長良川を遡上するマスだけを、
           釣り人は”長良マス”と呼んだ。

*例年良く釣れる代表的ポイント紹介

1.相戸堰堤 2.吉田川合流部 3.吉田川・島谷堰堤
東海北陸道美並インタ-下右折3分
長良川を遡り郡上郡に入り
最初の堰堤で、
多くのサツキマスが止まるところ、
超人気のポイントで釣る以前に
場所取りに苦労します、
東海北陸道八幡インタ-下左折3分
長良川と吉田川が合流し大場所で
長竿が必要、ルア-でも
十分に狙えます
右岸左岸とも釣れます
東海北陸道八幡インタ-下左折3分
ポイントが絞りやすく超人気の場所
ここも場所取りに苦労しますが
渓相が変わり、今年は????
4.ゴリン堰堤 5.かまぶち 6.かまぶち.下流部
東海北陸道大和インタ-下右折2分
右岸左岸共にポイントが続き
実績のある場所でしたが
渓相が変わり
今年はいかがなものか・・?
東海北陸道大和インタ-下左折2分
川の中央の沈み岩がポイントで
釣り人も少なく穴場的存在。
東海北陸道大和インタ-下左折2分
今年新しく出来たポイントで
大アマゴも釣れていて楽しみな処です。
7.下越佐堰堤 8.上越佐堰堤 9.おまん桜堰堤
東海北陸道白鳥インタ-下3分
白鳥周辺まで来ると釣り人も少なくなり
のんびりと釣れます
ここも超人気の場所で実績があります
東海北陸道白鳥インタ-下左折3分
牛道川との合流点で穴場的存在
釣り人も少なくポイントが絞りやすいです
東海北陸道白鳥インタ-下右折10分
渓相が一変しポイントがなくなり
今年は・?しかしマスは止まる場所です
10.赤瀬堰堤 11.前谷出合 12.高鷲大堰堤
東海北陸道白鳥インタ-下右折5分
地元の釣り師が通う場所
魚道が完備され
遡上するマスが見えます
東海北陸道白鳥インタ-下右折10分
前谷川より水質良好な水が流れ込み
マスの居着くポイントで釣りやすい場所
東海北陸道高鷲インタ-下右折1分
長良川最上流部の大堰堤
沢山のマスが集まり遅くまで釣れます

情報に戻る