R6・6月13日(木)今朝の長良川

天候 晴れ  気温17度・水温16度  水況 渇水・クリア-

おはようございます。  今日も暑くなるそうな・水分補給

今日はいいみょうがの日(6月13日 記念日)

高知県の園芸農業の生産者や関係者で構成され、生産者の経営安定と向上をもとに生鮮園芸品の消費地への安定供給を行う高知県園芸農業協同組合連合会(略称:高知県園芸連)が制定。

日付は6月は「みょうが」の旬の時期で生産量が増えることと、13日を「い(1)いみ(3)ょうが」と読む語呂合わせから。1年を通じて栽培が盛んな「高知県産のみょうが」をより広くPRすることが目的。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

みょうがについて

ミョウガ(茗荷)は、ショウガ科ショウガ属の多年草で、食用として利用される。東アジアの温帯が原産。日本の山野に自生しているミョウガもあるが、これらは大陸から持ち込まれて栽培されてきたものと考えられる。

【飛騨牛の放牧】 秋のお産に備え新鮮な牧草を食べる 岐阜・高山市


中京テレビNEWS

2024/06/11 #ニュース#中京テレビ#CTV岐阜県高山市の牧場で出産を控えた飛騨牛の放牧が行われています。 放牧が行われているのは、高山市荘川町にある一色牧場です。地元の飛騨牛農家から、出産を控えた19頭が放牧され、のびのびと過ごしています。 冬の間、牛舎で飼育された牛たちは、標高1200メートルの涼しい高原の牧草地を走りまわり、新鮮な牧草を食べ健康で引きしまった体をつくり、秋のお産に備えます。 放牧は、10月末まで行われるということです。

超希少!黄金に輝く幻のヘビが見つかる…茶色から白の色素が抜けた“アルビノ”か 北九州市


FNNプライムオンライン

2024/06/11福岡・北九州市で、生き物に詳しい専門家が「うおおお」と絶叫するほどの希少な生物、黄金に輝く幻のヘビが目撃された。 正体は、夜行性のためほとんど人前に姿を見せない福岡県などの絶滅危惧種タカチホヘビだという。 本来は褐色だが、さらに体の色素が抜けてしまっているアルビノという珍しい個体。 通常、アルビノの個体は野生に溶け込めず捕食されやすいため、大人になるまで生き残っているのはまさに奇跡。

人気記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。